top of page

~ 有休の取得はなぜ大事なの? ~

どこの航空会社でも、客室乗務員の有休へのこだわりは強いものがあります。


一方、航空会社によっては、その月の取得率が50~60%でも「年度内に付与できれば労基法違反ではない」と考えている経営者も多いようです。


なぜ客室乗務員の有休取得は切実なのか・・?


それは、地上職とは違う事情があるためです。


* 土・日の休みが少なく、家族やパートナーとの団らんの為には有休を取らないといけない!

* 地上職にある3連休がない!

* 年末年始やゴールデンウイークといった長期の休みがない!

* 低気圧、低酸素、低湿度といった空中勤務の特殊性や長時間労働、更には感情労働もこなす労働負荷の高い仕事を続けるには、有休で十分な休養を取ることが不可欠! 等々。

そもそも「年に20日間」というのは少ない!という声もあります。


ルフトハンザ航空(LH)の客室乗務員は、国で規定されている有給休暇は年間

30日ですが、航空労働者は42日間となっています。


更に、Sick Leave(病気の時の有給休暇)が無制限に取れ、賃金は6週間まで会社が支給し、その後は健保から支払われます。


まるで天と地ほどの差がありますね。


せめて有休申請したら100%取れるようにしたいものです。


~ 情報提供や職場改善のためのご相談はJCUへ ~





閲覧数:48回0件のコメント

Comments


bottom of page